Read Article

9月10日から16日は、自殺予防週間です

本日、9月10日は世界自殺予防デー。それにちなんで、10日から16日は自殺予防週間となっています。

悲しい死を防ぐために私たちができることとは、何でしょうか。

自殺予防週間とは?

自殺対策を進めるため、政府は平成19年6月に「自殺総合対策大綱」を閣議決定し、「9月10日の世界自殺予防デーに因んで、毎年、9月10日からの一週間を自殺予防週間として設定し、国、地方公共団体が連携して、幅広い国民の参加による啓発活動を強力に推進」することとしています。

主な活動内容としては、特設ページを創設したり、Yahoo! JAPANとのPR企画を行ったりといった啓発事業や支援政策です。また、相談事業を集中的に実施したり、協力団体を拡大したり、さらなる連携の強化を図ったりすることも実施事項に含まれているようです。

平成27年度「自殺予防週間」実施要項|内閣府

 

 

自殺を予防するために必要なこととは?

世界自殺予防デーに関して、WHOではこう述べられているそうです。

「自殺は悲惨な公衆衛生上の問題です。殺人や戦争による総死亡数よりも多くの人々が、世界中で自殺によって亡くなっています。この状態を防ぐためにも、早急に全世界的な対策を強化し、調整していく必要があります。」

自殺は、公衆衛生上の問題である。そしてそれは、予防可能なものである、と。

 

自殺の原因として、さまざまなものが取り上げられます。精神疾患、仕事や経済的な問題、家族や大切な人の喪失、人間関係の問題、苦痛を伴う病気や障害…。これらを解決するには、社会的サポートと周囲の理解が必要です。

そして、まず最初に私たちにできることは、こういった問題への「理解」からではないでしょうか。

自殺という悲しい死をなくすため、国家レベルでも施策が検討され、民間でもさまざまな支援団体が立ち上がっています。けれど残念ながら、それだけでは防ぎきれないのも事実。

そこまで追い込まれる状況にある人もいるんだということを知るだけでも、社会が変わるきっかけになるのではないかと思います。

 

 

先日、インターネット上で「9月1日」は若年層の自殺が増えるといった話が話題になっていました。けれど、その9月1日を超えてもなお、そのリスクを意識している人がどれくらいいるでしょうか。

9月1日を無事に乗り切ったとしても、苦しい状況が変わるわけではありません。そのリスクはずっと続きます。もしかしたら、時間の経過とともにリスクが高まっていく可能性も十分にあります。

自殺予防週間は、みんなが意識するひとつのきっかけに過ぎません。これを機に、長い目で見て、社会のリスクをみんなで減らしていけるように考えななければならないのではないでしょうか。

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top