Read Article

家族でうつ病になるという負のスパイラルの存在

家族でうつ病になるという負のスパイラルの存在

うつ病に対する支援といえば、職場復帰に向けての支援などの、いわゆる患者向けのものを思い浮かべることが多いと思います。けれど、必要なのは、患者への支援だけではないはず。

患者だけでなく、家族への支援も同時に行っていかないと、家族でうつ病になってしまうという負のスパイラルに陥ってしまいかねないのです。

夫婦でうつ病になったという現実

私と夫は、2人ともうつ病経験者です。私は寛解していますが、夫はまだ通院・服薬を続けています(徐々に減らしているところではありますが)。

もともと、出会った頃から私がうつ病を患っていました。夫は、社会で働けず、家事も毎日はできないような状態の私を支えることに。まわりに誰も相談できる人がいないまま、徐々に追い詰められていきました。

私が少し、回復に向かい始めた頃のこと。私を支え続けた結果、夫もうつ病を発症してしまいました。

 

私のうつ病だけが、夫の発症の原因ではないかもしれません。けれど、確実にきっかけとなったのは私のうつ病であり、ストレスを与えていたことは変わらない事実です。

私の病気が悪化しないように、ずっと気を張っていて。親に話したって、「あなたが支えてあげなきゃ」と返されて。きっと、私が想像する以上に、つらい日々を過ごしていたんじゃないかと思います。

 

 

家族の感じている孤独

うつ病にかかった人を支えるのは、夫(妻)や両親、きょうだいと、人によってさまざまです。けれど、その人たちに共通しているのは、「孤独を感じていること」なのかもしれません。

 

今でこそ、うつ病はポピュラーな病気になりましたが、まだまだ偏見の多い病気です。周囲の無理解や心ない言葉に苦しむことも、まだまだ多くあるでしょう。

患者本人は、診察で医師と話したり、場合によってはカウンセリングを受けたりして、自分の考えを話し、思いを外へ出す場所があります(それが十分であるかどうかは置いておいて)。

しかし家族の場合、なかなか話す場所というものがありません。病院によっては、家族向けの勉強会などが開催されていることもありますが、街のクリニックなどは、そのようなものもない場合が多いです。

そして、一番理解してあげたいはずの病気を抱えた患者のことを、理解できなくなってしまうことも多々あるでしょう。

 

理解されない。話せない。理解してあげられない。そんな孤独が、うつ病の患者を支える家族を取り巻いているのです。

 

 

家族へのサポートがうつ病改善につながるかもしれない

たくさんのうつ病対策が、いまいち功を奏さない理由は、家族へのサポートが少ないことも要因の一つじゃないかなと思っています。

 

心の問題は、家族だけが抱えるには大きすぎるんです。病気を治すことだけじゃなく、長い闘病期間の経済的な問題であったり、学校や仕事の問題、人間関係の問題…病気は一つですが、そのまわりにある問題は多岐に渡ります。患者自身が病状によって処理できない問題は、家族が代わりに解決しなければならないことが多くあるのです。

それらを誰にも相談せずに抱えて進んでいくことなんて、不可能でしょう。全ての問題をいちから理解し、解決方法を探っていくことは、骨の折れる作業です。そんな苦労を一人で抱えているから、追い込まれて自分も病んでしまう…という負のスパイラルに陥ってしまうのです。

患者にとって、家族は心の支えとなる大事な存在。その家族が倒れてしまうと、患者もさらに不安定になるし、「自分が追い込んでしまった」と自分を責めてしまいます。そうなると、どんどん闇から抜け出せなくなっていきます。

 

それを避けるためには、家族へのサポートにも力を入れることが必要でしょう。

家族が想いや悩みを話すことができる場所。どのような支援が受けられるかを教えてくれる人。病気の知識を教えてくれる機会。それらは探せば今もあるはずなんですが、その情報にたどり着くまでには、時間がかかるのが現状です。

もっと近くに、そんな場所や機会があれば。全国にたくさんいる家族の気持ちは楽になるかもしれないし、そうなれば、病気を患っている本人にも良い影響があるのではないでしょうか。

私の夫もそんなサポートを受けられる場所を知っていれば、今頃、うつ病で悩んでいなかったかもしれません。

 

 

FAEVFTT6YM

 

病気の患者を支える家族は、相手を大事に思うからこそ、一生懸命になってつらくなってしまいます。その肩の力を一瞬抜くことができる場所、ひとりじゃないんだと実感できる場所がどこかにあれば、長い闘病生活の中でも、進んでいくことができるかもしれません。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

Facebookでコメント

Return Top